紅型の顔料

琉 球 紅 型

琉球びんがたとは

琉球紅型(りゅうきゅうびんがた)は、沖縄の豊かな自然風土の中で生まれ、

琉球王朝の交易文化の繁栄とともに育まれてきた、沖縄独自の染物です。

強い日差しにも負けない「顔料」を主に用いて染められる、華やかな色彩が特徴です。
王族士族など限られた者の衣装として、また海外との貴重な交易品として発展してきました。

永い歴史と風土に培われ高度な技術が発展し洗練されてきた紅型は、今なお、

染織王国・沖縄でも唯一の「染」の伝統工芸として、世界中の人々から愛され続けています。

紅型帯「龍」 紅型とは

起源と歴史

琉球びんがたの起源と歴史

「琉球びんがた」の起源は、14〜15世紀頃と言われています(早くは13世紀という説も)

当時の琉球王朝は交易が盛んで、交易品の中にあったインド更紗、ジャワ更紗、中国の

型紙による花布などから取り入れられた技法によって、紅型が誕生したとされています。


琉球王府の保護のもと、婦人の礼装や神事の装束として永く重宝される中、当代随一の

絵師や彫師の手も加わりさらに発展し、組踊などで身につけられたとされますが、

多くは王族・士族の女性によって着用され、また貴重な交易品としても用いられました。

その後17世紀初頭の薩摩による琉球侵攻を経て、江戸幕府との交流で入ってきた大和の

染織物の影響も受けながら、18世紀頃までに現在の紅型の様式へと確立されていったようです。

さらに発展を続けるも、19世紀後期、琉球処分により王制が解体されると、庇護を失った紅型は

需要減少とともに衰退していき、再興の機を待つことなく第二次世界大戦を迎え、

沖縄は壊滅状態に。


終戦直後の混乱と物資不足の中、王朝時代から続く紅型三宗家の城間家・知念家を始め

多くの人たちが「昔通りの素晴らしい紅型を作る」ことを使命として集まり、

紅型の復興が始まっていきました。