朧紅型着物「めざめの香路」

朧紅型着物「めざめの香路」

紅型着物「朝空の楽園~なんくるパパヤー」

紅型着物「朝空の楽園~なんくるパパヤー」

猛烈な台風にも耐えた、なんくるみー(=自生)のパパイヤ越しに見上げた朝空をデザインしました。第65回沖展で「準会員賞」。

紅型着物「潮香~コンコロはまひるがお」

紅型着物「潮香~コンコロはまひるがお」

瀬長島の浜辺に咲く浜昼顔(軍配昼顔)、打ち寄せる波と貝、花に戯れる蝶を、そのままデザインにいれました。沖縄県最大の美術展『沖展』で、最優秀賞の「沖展賞」を受賞。

藍型着物「ふくふくシークヮーサー」

藍型着物「ふくふくシークヮーサー」

シークヮーサーの四季を藍の濃淡で表現しました。降りそそぐ雨が、まるで、夏の夜空の 天の川のようです。

紅型着物「ポンポンてぃんさぐ」

紅型着物「ポンポンてぃんさぐ」

てぃんさぐとは鳳仙花のこと。沖縄県民に広く愛されていて、僕も大好きな歌『てぃんさぐぬ花』をイメージして作った一作目をさらに作り直したもの。日本伝統工芸展で初出品入選。

紅型着物「光の里~電照菊」

紅型着物「光の里~電照菊」

僕が住む糸満市が誇る百万ドル(?)の夜景、電照菊畑の一日の時の移り変わりを、一枚の着物の中で表現しました。沖縄県工芸公募展で「優秀賞」。

紅型着物「花風~猫とブーゲンビレア」

紅型着物「花風~猫とブーゲンビレア」

沖縄の強風にも負けず、 一年中風景を美しく彩ってくれるブーゲンビレア、そして戯れる蝶とネコ。美しく、穏やかでほほえましい日常 を表現してみました。沖展「準会員賞」。

大きい画像にマウスをあわせると説明がでます。指マークが出るものはクリックすると詳細説明記事に飛びます。

紅型作家 宮城守男が主宰する紅型工房「守紅(もりびん)」のお仕事

※当サイト上で公開中の記事・画像等の無断転用は一切禁じます。

〒901-0301 ​沖縄県糸満市阿波根1406-43

Copyright © Morio Miyagi. All rights reserved.